臼井霊気療法の発祥

レイキ法はもともと霊気療法といい、1865年(慶応元年)に生まれた、臼井甕男 という人が始めました。若いころ郷里の岐阜県を離れ、各種の職業を体験するうちに、
「人生の目的とは何か」と、深く考えるようになりました。

長い探求のあと、「人生の目的は安心立命を得ることである」という結論に達しました。
それは「人は宇宙から使命を与えられ、生かされている存在である」という真実を知ること。
そして「人を生かしている宇宙が、人の病気や不幸を願うはずはない。宇宙を信頼して、
人生で何が起こっても動揺せず、いつも安らかな心を保ちながら、
自分の役割を果たして行けばよい」ということです。

このように理解した臼井先生は、安心立命の境地を求めて、京都の寺で3年間の座禅を 行いました。
しかし、めざす心の境地は得られず、ついに死を覚悟して鞍馬山で断食の結果、体内の波動と宇宙の波動が共鳴して、自己と宇宙との一体化が得られ、求めていた境地が完成しました。

臼井先生は、宇宙と共鳴した高い波動を、昔から言われている霊気だと直感しました。 そして「霊気は宇宙からの導きの波動であり、霊気と響き合う生き方こそが、健康と幸福への道である」と悟りました。
帰宅の途中、次々と癒しの体験が続き、宇宙から癒しの力 が与えられたことに気づきました。

この癒しは、鞍馬山での体験と同様、レイキの波動と響き合うことで、効果的に起こるものでした。 「これは、自分の体験を多くの人に分ち合えという、天の啓示である。誰でも出来る手当 療法を入り口にして、人生の目的である安心立命を伝えて行こう」と臼井先生は決意されました。